読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悲しいとき〜

シンガポール

空港に着いて通路にスーツケースを置いたあと、自分と荷物の間に他の乗客が数人入ってしまい「あ、手が届かない…」と思い、荷物の所在を確認しようとしていたところ、白人の若い女の子二人に冷ややかな目で見られました。


その後、一人が肩をぐいぐい動かして両手で人をかき分けるジェスチャーをして、もう一人が「あぁなるほどね」みたいな反応をして、再び二人の冷ややかな視線がわたしに…
 
違うの〜!
割り込もうとする中国人じゃないの〜!
広告を非表示にする